コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃尾又[温泉] とちおまた

百科事典マイペディアの解説

栃尾又[温泉]【とちおまた】

新潟県北魚沼郡湯之谷村(現・魚沼市),佐梨川上流の河岸にわく温泉。単純放射能泉。39℃。下流の大湯温泉とともに,銀山平の銀山開発以来の古い湯治場で,江戸時代には湯守が置かれた。婦人病に特効があるという。小出町(現・魚沼市)からバスが通じ,奥只見観光の基地。
→関連項目大湯[温泉]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちおまた【栃尾又[温泉]】

新潟県中部,北魚沼郡湯之谷村にある温泉。越後駒ヶ岳の北麓,栃尾又沢の河畔にあって,周囲は豊かな樹林となっている。泉質は単純放射能泉,泉温は39℃。温度が体温に近いため長時間湯につかり,〈夜詰め〉といって終夜入浴したり,〈合せ湯〉といって1kmほど北西にある大湯温泉と交互に入る独特の入浴法が行われる。子宝の湯として女性の湯治客も多い。川岸には露天ぶろがいくつもある。JR上越線小出駅からバスで35分。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android