コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木県下野市 しもつけ〈し〉

1件 の用語解説(栃木県下野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕下野〈市〉(しもつけ〈し〉)


栃木県南部の市。
東に鬼怒川と田川、西に姿川が流れる。2006年(平成18)1月、下都賀郡石橋町、同国分寺町と、河内郡南川内町が合併して成立。米麦作と畜産・野菜栽培が盛んな都市近郊農業地帯。特産品にかんぴょう、ビール麦結城紬(ゆうきつむぎ)。JR東北本線沿いの工業団地に金属・自動車部品ビール麦芽工場ほか各種工場が進出する。国の史跡の下野国分寺跡下野国分尼寺跡があり、一帯はしもつけ風土記の丘として整備されている。自治医科大学がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栃木県下野市の関連情報