栃木県佐野市(読み)さの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕佐野〈市〉(さの〈し〉)


栃木県南西部の市。
北部は緑豊かな中山間地域、南部は渡良瀬(わたらせ)川が流れる平野部。2005年(平成17)2月、旧・佐野市と安蘇郡田沼町、同葛生町が合併して現在の姿となる。市の南部に位置する旧・佐野市地区は江戸時代初期まで佐野氏の城下町。中期・末期には堀田氏の陣屋がおかれ、日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町天明(てんみょう)宿と一体となって発展した。佐野縮の織物や鋳物、節句人形製作などの伝統産業がある。市の北東部の葛生地区は、江戸時代から石灰石の大産地として発展。セメント・石灰・ドロマイト・砕石などの生産量は日本屈指で、関連産業が盛ん。葛生人とよばれる化石人骨や獣類の化石が出土したことで知られる。市の北西部、群馬県と接する旧・田沼町地区は、米麦作・畜産とイチゴ栽培が盛んで、繊維・木工・粘土瓦製造などの地場産業がある。日本三蓬莱の一つとされる蓬莱山は、紅葉の名所として名高い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県佐野市の関連情報