栃木県大田原市(読み)おおたわら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕大田原〈市〉(おおたわら〈し〉)


栃木県北東部の市。
市の西側は那須野原(なすのがはら)南部に位置する平野部で、那珂川を挟んだ東側には八溝山系の山並みが連なる。2005年(平成17)10月に、那須郡湯津上村と同黒羽町を合併し、現在の姿となる。市西部は、江戸時代には大田原氏一万余石の城下町で、奥州街道の宿場町、市場町として発展。市内に点在する工業団地に電気・機械・化学などの工場が進出。稲作・野菜・果物栽培と酪農が盛ん。市東部の黒羽地区は、江戸時代には黒羽藩の陣屋町、那珂川水運の終点の河岸として栄えた。製材業と稲作・畜産を中心にウド・コンニャク・茶を産する。弓の名手として知られる那須与一ゆかりの地でもある。湯津上地区には国宝の那須国造(なすこくぞう)碑や国の史跡の侍塚(さむらいづか)古墳がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県大田原市の関連情報