栃木県宇都宮市(読み)うつのみや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕宇都宮〈市〉(うつのみや〈し〉)


栃木県中央部の商工業都市。
鬼怒川中流西岸に広がる。県庁所在地で,県の行政・産業・文化・交通の中心。古くは二荒山(ふたあらやま)神社の鳥居前町で、近世以降は宇都宮城の城下町として発展。日光街道と奥州街道を分岐する交通の要衝もなした。1884年(明治17)栃木から県庁が移転、東北本線などの鉄道開通とともに県の中枢都市に発展。第二次世界大戦後、北関東の中核都市に成長した。昭和30年代から近郊に大型内陸工業団地が造成され、電機・機械・飲料などの工場が進出。北関東内陸工業地帯の一角を構成。1996年(平成8)には市制100周年を迎えると同時に中核市の指定を受ける。2007年3月に、河内郡上河内町、同河内町を合併し、人口は50万人に到達した。東北新幹線が通じ、東北本線から日光線が分岐。東武宇都宮線で栃木市と結ぶ。国道4号などのほか東北自動車道・日光宇都宮道路が通じる。北西部の大谷(おおや)地区では建材用の大谷石を産する。かんぴょうやふくべ細工を特産。天開山大谷寺(天台宗)は平安初期創建の古刹で、大谷石の壁面に彫られた千手観音(大谷観音)などの大谷磨崖仏(まがいぶつ)は特別史跡・重要文化財。マヌカウ市(ニュージーランド)をはじめ、世界各国の5つの都市と、友好都市や姉妹都市の関係を結んでいる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県宇都宮市の関連情報