栃木県小山市(読み)おやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕小山〈市〉(おやま〈し〉)


栃木県南部にある工業都市
茨城県境に接する。江戸時代初期まで城下町で、その後日光街道宿場町として栄えた。東北新幹線や国道4号が通じる鉄道・道路交通の要衝。第二次世界大戦前から製糸・食品加工業が発達。戦後は電機・金属・輸送用機器などの大工場が進出し、北関東屈指の工業都市に成長した。結城紬などの伝統的織物業も盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県小山市の関連情報