栃木県那須塩原市(読み)なすしおばら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕那須塩原〈市〉(なすしおばら〈し〉)


栃木県北部の市。
那須野原の扇状地には市街地が広がり、箒(ほうき)川上流部の渓谷は温泉観光地。2005年(平成17)1月、黒磯市と那須郡塩原町、同西那須野町の合併により成立。旧・黒磯市は那須高原観光の基地。明治中期に鉄道が開通、以後急速に開発が進んだ。稲作と酪農・畜産が盛ん。那須岳西腹の沼ッ原湿原は高山植物の宝庫。那珂川沿いには板室温泉がわく。市の南西部の塩原地区にも温泉は多く、古町温泉・畑下(はたおり)温泉・福渡(ふくわた)温泉などがある。同地区の竜化の滝の景勝は見事。旧・西那須野町は明治期に那須疏水の開削で開拓された。米麦作・畜産と花卉(かき)栽培が盛ん。食品加工・電機・輸送用機器工場がある。那須塩原市の生乳の粗生産額は本州第1位(全国で4位)を誇る。ひたちなか市(茨城県)など3つの都市と、姉妹都市・友好都市の提携を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県那須塩原市の関連情報