栃木県那須塩原市(読み)なすしおばら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕那須塩原〈市〉(なすしおばら〈し〉)


栃木県北部の市。
那須野原の扇状地には市街地が広がり、箒(ほうき)川上流部の渓谷は温泉観光地。2005年(平成17)1月、黒磯市と那須郡塩原町、同西那須野町の合併により成立。旧・黒磯市は那須高原観光の基地。明治中期に鉄道が開通、以後急速に開発が進んだ。稲作と酪農・畜産が盛ん。那須岳西腹の沼ッ原湿原は高山植物の宝庫。那珂川沿いには板室温泉がわく。市の南西部の塩原地区にも温泉は多く、古町温泉・畑下(はたおり)温泉・福渡(ふくわた)温泉などがある。同地区の竜化の滝の景勝は見事。旧・西那須野町は明治期に那須疏水の開削で開拓された。米麦作・畜産と花卉(かき)栽培が盛ん。食品加工・電機・輸送用機器工場がある。那須塩原市の生乳の粗生産額は本州第1位(全国で4位)を誇る。ひたちなか市(茨城県)など3つの都市と、姉妹都市・友好都市の提携を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県那須塩原市の関連情報