栃木県那須郡那珂川町(読み)なかがわ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕那珂川〈町〉(なかがわ〈まち〉)


栃木県那須郡にある町。
2005年(平成17)10月、那須郡馬頭町と、同小川町が合併して成立。町を流れる那珂川をはさみ、東側が旧・馬頭町、西側が旧・小川町である。稲作・畜産・野菜・葉タバコ・コンニャクの栽培が盛ん。電機・プラスチック・建材・食品などの工場もある。馬頭地区の特産品に小砂(こいさご)焼。小川地区は古代には那須地方の中心地で、駒形大塚古墳・那須官衙(かんが)遺跡などが国の史跡に指定されている。那珂川の清流に臨む温泉郷、馬頭(ばとう)温泉郷がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android