コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木県鹿沼市 かぬま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕鹿沼〈市〉(かぬま〈し〉)


栃木県西部、足尾山地東麓に位置する市。
2006年(平成18)1月、上都賀郡粟野町を合併して現在の姿となる。旧・鹿沼市は江戸時代、日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町として発展した。園芸用の鹿沼土の産地として名高い。伝統的にタイマを原料とする繊維工業と家具・木工業が盛ん。サツキなどの花卉(かき)やイチゴ・ニラ・コンニャクの栽培と酪農・畜産も行われる。珪石を特産し、電気・金属・プラスチック・精密機械などの工場がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

栃木県鹿沼市の関連キーワード栃木県鹿沼市上奈良部町栃木県鹿沼市下奈良部町栃木県鹿沼市上材木町栃木県鹿沼市御成橋町栃木県鹿沼市亀和田町栃木県鹿沼市上大久保栃木県鹿沼市さつき町栃木県鹿沼市下武子町栃木県鹿沼市下材木町栃木県鹿沼市下大久保栃木県鹿沼市大和田町栃木県鹿沼市古賀志町栃木県鹿沼市上南摩町栃木県鹿沼市久保町栃木県鹿沼市晃望台栃木県鹿沼市塩山町栃木県鹿沼市下石川栃木県鹿沼市上日向栃木県鹿沼市上野町栃木県鹿沼市朝日町

栃木県鹿沼市の関連情報