栃木県鹿沼市(読み)かぬま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕鹿沼〈市〉(かぬま〈し〉)


栃木県西部、足尾山地東麓に位置する市。
2006年(平成18)1月、上都賀郡粟野町を合併して現在の姿となる。旧・鹿沼市は江戸時代、日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町として発展した。園芸用の鹿沼土の産地として名高い。伝統的にタイマを原料とする繊維工業と家具・木工業が盛ん。サツキなどの花卉(かき)やイチゴ・ニラ・コンニャクの栽培と酪農・畜産も行われる。珪石を特産し、電気・金属・プラスチック・精密機械などの工場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県鹿沼市の関連情報