栃木県鹿沼市(読み)かぬま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕鹿沼〈市〉(かぬま〈し〉)


栃木県西部、足尾山地東麓に位置する市。
2006年(平成18)1月、上都賀郡粟野町を合併して現在の姿となる。旧・鹿沼市は江戸時代、日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町として発展した。園芸用の鹿沼土の産地として名高い。伝統的にタイマを原料とする繊維工業と家具・木工業が盛ん。サツキなどの花卉(かき)やイチゴ・ニラ・コンニャクの栽培と酪農・畜産も行われる。珪石を特産し、電気・金属・プラスチック・精密機械などの工場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木県鹿沼市の関連情報