コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄のホコ天

1件 の用語解説(栄のホコ天の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

栄のホコ天

4~11月の日曜日、大津通の栄交差点から矢場町交差点までの南北約700メートルで開催。主催は、地元商店街や町内会でつくる「南大津通歩行者天国協議会」。1970年に名古屋市が始めたが、慢性的な渋滞が問題となり84年に中止。昨年、27年ぶりに試験復活。今年から本格運用に移行した。

(2012-11-04 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄のホコ天の関連キーワード血の日曜日交差点・交叉点国民の祝日スクランブル交差点日曜日曜日ハッピーマンデー交差点交差点に眠るへその緒の日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone