栗原 荒野(読み)クリハラ アラノ

20世紀日本人名事典の解説

栗原 荒野
クリハラ アラノ

昭和期の葉隠研究家



生年
明治19(1886)年3月10日

没年
昭和51(1976)年2月10日

出生地
佐賀県浜玉町

本名
伊勢 次郎

学歴〔年〕
明治学院神学部〔明治43年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲五等瑞宝章〔昭和42年〕

経歴
陸軍幼年学校に入ったが、内村鑑三に傾倒クリスチャンに転じた。明治43年郷里で新聞記者となり、西海新聞の発刊に加わり、佐賀毎日新聞を経て大阪毎日新聞の初代佐賀支局長となった。昭和10年記者を辞め文筆生活に入った。この間4年に「原本鍋島論語葉隠全集」を見つけてから葉隠の研究に没頭。15年刊行の「校註葉隠」は葉隠研究の原典として高く評価された。このほか「葉隠の神髄」「葉隠講話」「物語葉隠」「葉隠のこころ」「九州万葉歌」などの著書がある。50年5月、89歳で35年ぶりに「校註葉隠」を復刻、出版した。佐賀市文化財専門委員も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる