コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原ウメ くりはら ウメ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原ウメ くりはら-ウメ

1881-1951 明治-昭和時代の実業家。
明治14年2月15日生まれ。33年栗原イネの子幸八と結婚。大正7年栗原稲工場を栗原紡織(大同毛織をへて現ダイドーリミテッド)に改組。創業者イネと夫の死後も事業を発展させる。栗原実業補習学校,栗原勤愛学校を開設した。昭和26年8月16日死去。70歳。栃木県出身。旧姓は久保。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗原ウメの関連キーワード昭和時代実業家明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android