コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗山[村] くりやま

世界大百科事典 第2版の解説

くりやま【栗山[村]】

栃木県北西端,塩谷郡の村。人口2623(1995)。鬼怒川および支流湯西川の最上流域を占め,福島県,群馬県と接する。平家の落人伝説が残る隔絶山村で,第2次大戦中の鉱山開発,電源開発を契機に,自動車道路が通じた。村域のほとんどは国有林を主体とする山林で,ダイコンの高冷地栽培や,シイタケなどの栽培が行われる。鬼怒川に建設された川俣ダム川俣湖南岸に川俣温泉があるほか,湯西川沿いに湯西川温泉,鬼怒川最上流に手白沢,日光沢などの奥鬼怒温泉郷があり,道路の整備とともに観光客がふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栗山[村]の関連キーワード骨髄バンクドナーモリブデン地球温暖化対策のための税箱根美術館下仁田町歴史民俗資料館コンゴニャス常陽銀行海洋資源色彩スタッフォードシャー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android