コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗崎道喜(初代) くりさき どうき

2件 の用語解説(栗崎道喜(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗崎道喜(初代) くりさき-どうき

1568-1652* 織豊-江戸時代前期の医師。
永禄(えいろく)11年生まれ。肥後(熊本県)の人。長崎からフィリピンルソン島にわたり外科をまなぶ。慶長のはじめに帰国し長崎で開業,栗崎流南蛮外科の祖となる。金瘡(きんそう)(切り傷)治療で知られた。慶安4年12月30日死去。84歳。名は正元。著作に「瘍医秘訣」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗崎道喜(初代)

没年:慶安4.12.30(1652.2.9)
生年:天正10?(1582)
江戸前期の外科医。肥後国栗崎村(宇土市栗崎町)生まれ。幼名は歌之助,名は正元。幼くして長崎に出,南蛮人によって海外(マカオともルソンともいわれる)に連れ去られ外科術を修得。のち帰国して長崎で医業を開き,南蛮外科栗崎流の開祖となった。伝記には諸説があるが,帰国に際して官辺に日本素性を立証するために「高砂」の謡の一節をうたったなどの逸話が伝わる。長崎で没し,寺町東林山深崇寺に葬られた。長子の正勝(1622~98)が2代道喜を襲名,越前(福井)藩に仕えた。<参考文献>竹内真一「南蛮外科栗崎家系譜と越前栗崎家」(『若越郷土研究』14巻2号)

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗崎道喜(初代)の関連キーワード細川立禮宇土市鳩野宗巴栗崎流外科医整形外科医遠藤至六郎栗崎道喜(2代)栗崎道有吉田自休

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone