コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株価収益率 PER

1件 の用語解説(株価収益率 PERの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

株価収益率 PER

・price earnings ratio:PER 株価収益率
・PER=株価÷EPS EPS=税引き当期利益÷発行済み株式数
・PERとは株価をEPS(earnings per share:一株当り利益)で割った指標であり、
株価が一株当たりの利益の何倍あるか、つまり現在の株価が一株当り利益の何年分に
相当する価格になるのかを示す指標である。
株式投資を行う際の一つの基準値として、日本においては広く活用されている。
・PERが高いほど、利益に比べ株価が割高であり、逆に低ければ利益に比べ株価が割
安であることになるが、一概にどのくらいのPERが適当かについての基準は無い。
・このためPERは、同業他社との比較等を踏まえて総合的に判断する必要がある。
・例えば、PERが同業他社や業界水準に比べて高くても、分母である一株当りの利益
が、同業他社に比べ今後高い成長が見込まれるなら妥当性があると考えられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株価収益率 PERの関連キーワードPERレシオWPISTABEXCPI(Consumer price index)消費者物価指数(CPI:consumer price index)帳入値段(Settlement Price)PER(Price Earnings Ratio)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone