コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核の闇市場

1件 の用語解説(核の闇市場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

核の闇市場

パキスタンの核開発者カーン博士が秘密裏に築いた、核物質や技術を取引するネットワーク。04年に博士が存在を明らかにした。核兵器開発の決め手となるウラン濃縮に使う遠心分離器の部品や技術など、極秘扱いの機材や機密が、イランリビアなどに流出していた。北朝鮮の関与も指摘される。

(2008-06-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核の闇市場の関連キーワードジンナーパキスタン東パキスタンカーン博士問題地下工作秘密裏イランの核開発問題シリアの核開発疑惑日本とパキスタンパキスタン大地震

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核の闇市場の関連情報