コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核の闇市場

1件 の用語解説(核の闇市場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

核の闇市場

パキスタンの核開発者カーン博士が秘密裏に築いた、核物質や技術を取引するネットワーク。04年に博士が存在を明らかにした。核兵器開発の決め手となるウラン濃縮に使う遠心分離器の部品や技術など、極秘扱いの機材や機密が、イランリビアなどに流出していた。北朝鮮の関与も指摘される。

(2008-06-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核の闇市場の関連情報