コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核分裂と放射性物質

1件 の用語解説(核分裂と放射性物質の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

核分裂と放射性物質

原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

(2011-03-28 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核分裂と放射性物質の関連キーワード核燃料超ウラン元素アクチノウランウラン鉛法二酸化ウランプルサーマル計画プルサーマル計画とトラブル隠し核燃料と核兵器原発の核分裂プルサーマル発電

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone