コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核廃絶をめぐる各国の立場

1件 の用語解説(核廃絶をめぐる各国の立場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

核廃絶をめぐる各国の立場

核廃絶の議論は、核兵器を持たないノルウェーオーストリアメキシコニュージーランドコスタリカ、そして1993年にかつての核武装の放棄を公表した南アフリカなどが熱心に取り組んできた。だが、NPTで保有を認められている米ロ英仏中は禁止条約に否定的。核の傘の下にある日本や豪州なども核兵器の非人道性は憂えつつ安全保障面での考慮を求めている。

(2014-02-19 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核廃絶をめぐる各国の立場の関連キーワード戦術核兵器アボリション2000科学兵器核戦争聞く耳を持たないコンベンショナルウエポンビルドダウン2020ビジョン核兵器廃絶核軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核廃絶をめぐる各国の立場の関連情報