コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根津嘉一郎(初代) ねづ かいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根津嘉一郎(初代) ねづ-かいちろう

1860-1940 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
万延元年6月15日生まれ。株式投資巨富をえる。東京瓦斯(ガス),東京電灯などの大株主として経営に参加。また経営不振の東武鉄道の社長として再建と発展につとめる。明治37年衆議院議員(当選4回,憲政会)。武蔵(むさし)高校(現武蔵大)を創立。昭和15年1月4日死去。81歳。没後収集品をもとに根津美術館が設立された。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根津嘉一郎(初代)の関連キーワード実業家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android