桂 春輔(初代)(読み)カツラ ハルスケ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桂 春輔(初代)
カツラ ハルスケ


職業
落語家

本名
浅川 重太郎

別名
前名=林家 正隆,三升家 勝団治

生年月日
明治14年 9月23日

経歴
大阪・阿波座問屋町の金網職人の家に生まれる。初め6代目林家正楽に弟子入りして正隆と名乗るが、のちに初代桂春団治門に移り桂春輔と改める。一時大阪を離れ、東京の5代目三升家小勝門で勝団治を名乗って高座をつとめた。神戸の吉原興業時代が長く、千代之座中心に華やかでやや粗い大づかみな芸風で人気があった。5代目笑福亭松鶴主宰の「落語荘」同人で、戦後の戎橋松竹復興時の生き残りメンバーの一人ともなった。十八番に「坊主茶屋」「あみだ池」「地震加藤」などがある。晩年は不遇で兵庫の「寄席のパレス」出演後、栄養失調症で倒れた。身寄りはなかった。

没年月日
昭和23年 (1948年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android