桂 章太郎(読み)カツラ ショウタロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桂 章太郎
カツラ ショウタロウ


職業
俳優

本名
松田 秀雄

生年月日
大正3年 5月8日

出生地
東京市(東京都)

学歴
日大附属中中退

経歴
昭和4年15歳で東亜キネマに入社し、7年尾上菊太郎プロに参加。「元禄村雨格子」「若様大学」の脇役で頭角を現し、同プロ第2部の「怪傑鬼神組」の主役に抜擢された。8年宝塚キネマに転じ、羅門光三郎、阿部九州男につぐスターとして「天変二筋道」「男伊達三度笠」に主演。同年大都映画に移り、三城輝子とのコンビで「霧の中の仁侠児」「日本巌窟王」などで人気を博した。明朗型のスターとして嘱望されたが、10年満州独立守備隊に従軍し戦死した。

没年月日
昭和10年 (1935年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android