コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫周(1) かつらがわ ほしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫周(1) かつらがわ-ほしゅう

1754-1809 江戸時代中期-後期の医師,蘭学者。
宝暦4年生まれ。桂川甫筑(国訓(くにのり))の長男。桂川家4代。杉田玄白らにまなび,「解体新書」翻訳事業に最年少者として参加。安永6年幕府の奥医師となる。寛政6年徳川家斉(いえなり)の命で,ロシアから帰国した漂流民大黒屋光太夫らの陳述をまとめて「北槎(ほくさ)聞略」をあらわした。法眼。文化6年6月21日死去。56歳。江戸出身。名は国瑞(くにあきら)。字(あざな)は公鑑。通称ははじめ甫謙。号は月池など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫周(1)の関連キーワード蘭学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android