コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文枝(5代) かつら ぶんし

1件 の用語解説(桂文枝(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文枝(5代) かつら-ぶんし

1930-2005 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和5年4月12日生まれ。昭和22年4代桂文枝に入門。29年3代小文枝,平成4年5代文枝を襲名した。はめもの(音曲)入りを得意としたひろい芸域が特色。6代笑福亭松鶴(しょかく),3代桂春団治,3代桂米朝らと四天王とよばれ,上方落語復興につとめた。昭和59-平成6年上方落語協会会長。平成17年3月12日死去。74歳。大阪出身。本名は長谷川多持。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桂文枝(5代)の関連キーワード山岸純荒川幾男石崎宏矩内山秀夫高月清田沢仁花見忠福田甲子雄吉田鎮雄吉野良彦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone