コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文楽(8世) かつらぶんらくはっせい

1件 の用語解説(桂文楽(8世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文楽(8世)
かつらぶんらくはっせい

[生]1892.11.3. 青森
[没]1971.12.12.
落語家。本名並河益義。 1920年,8世襲名。実際には6代目だったが縁起をかついで終生8代目を名のった。明快な語り口,正確な人間描写,簡潔な表現力でリアリズム落語の最高をきわめ,5世古今亭志ん生とともに昭和期の落語を代表する存在となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂文楽(8世)の関連キーワード合同Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数NかMかn-3脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone