コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文楽(8世) かつらぶんらくはっせい

1件 の用語解説(桂文楽(8世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文楽(8世)
かつらぶんらくはっせい

[生]1892.11.3. 青森
[没]1971.12.12.
落語家。本名並河益義。 1920年,8世襲名。実際には6代目だったが縁起をかついで終生8代目を名のった。明快な語り口,正確な人間描写,簡潔な表現力でリアリズム落語の最高をきわめ,5世古今亭志ん生とともに昭和期の落語を代表する存在となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂文楽(8世)の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯カルクアルカリ岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone