コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文楽(8代) かつら ぶんらく

1件 の用語解説(桂文楽(8代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文楽(8代) かつら-ぶんらく

1892-1971 大正-昭和時代の落語家。
明治25年11月3日生まれ。41年初代桂小南(こなん)に入門。大正6年翁家(おきなや)馬之助の名で真打となり,9年8代桂文楽を襲名(実際は6代)。明快な語り口とたくみな人間描写で「素人鰻(うなぎ)」「明烏(あけがらす)」などを得意とした。落語協会会長。昭和46年12月12日死去。79歳。青森県出身。本名は並河益義。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂文楽(8代)の関連キーワード光の科学史本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダーさるとびエッちゃんタイガーマスクふしぎなメルモアフリカ映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone