コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文楽(8代) かつら ぶんらく

1件 の用語解説(桂文楽(8代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文楽(8代) かつら-ぶんらく

1892-1971 大正-昭和時代の落語家。
明治25年11月3日生まれ。41年初代桂小南(こなん)に入門。大正6年翁家(おきなや)馬之助の名で真打となり,9年8代桂文楽を襲名(実際は6代)。明快な語り口とたくみな人間描写で「素人鰻(うなぎ)」「明烏(あけがらす)」などを得意とした。落語協会会長。昭和46年12月12日死去。79歳。青森県出身。本名は並河益義。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桂文楽(8代)の関連キーワード小田原大造桂文治(9代)桂三木助(3代)古今亭今輔(5代)三遊亭円右(2代)三遊亭円生(6代)三遊亭円馬(4代)橘家円太郎(7代)林家染丸(3代)柳家小さん(4代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone