コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(5代) かつら ぶんじ

1件 の用語解説(桂文治(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文治(5代) かつら-ぶんじ

1831-1861 幕末の落語家。
天保(てんぽう)2年生まれ。江戸3代桂文治に入門し,桂文太を名のる。嘉永(かえい)4年2代桂文楽となり,万延2年5代文治を襲名したが,その直後の1月16日死去。31歳。美声の持ち主で音曲噺(おんぎょくばなし)などを得意とした。江戸出身。通称は峯松。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂文治(5代)の関連キーワード咸豊帝桂文治(5世)炭酸塩岩脈文久ゴローニンメイランペドロ天野八郎伊東玄朴大谷友右衛門(4代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone