コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(7代) かつら ぶんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文治(7代) かつら-ぶんじ

1848-1928 明治-大正時代の落語家。
嘉永(かえい)元年生まれ。大阪で初代桂文団治の門にはいり,都雀,米団治などをへて明治20年2代文団治となる。26年月亭文都,笑福亭福松らと浪花三友派を結成して2代桂文枝一派に対抗。41年7代文治を襲名。「三十石」「野崎詣り」などを得意とした。昭和3年9月18日死去。81歳。本名は平野治良兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂文治(7代)の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android