桂文治(8代)(読み)かつら ぶんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文治(8代) かつら-ぶんじ

1883-1955 明治-昭和時代の落語家。
明治16年1月21日生まれ。はじめ竹本識故太夫の名で義太夫語り明治31年6代翁家(おきなや)さん馬の門にはいり,翁家さん勝を名のる。4代桂才賀,7代翁家さん馬などをへて大正11年8代文治を襲名。「祇園会(ぎおんえ)」「夜桜」などを得意とした。昭和22年落語協会会長。昭和30年5月20日死去。72歳。本名は山路梅吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android