桂春団治(初代)(読み)かつら はるだんじ

  • 桂春団治(初代) かつら-はるだんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1878-1934 明治-昭和時代前期の落語家。
明治11年8月4日生まれ。2代桂文団治の弟子となり,明治36年2代桂春団治を襲名初代が早世したため2代目が演芸界では初代とされる。「へっつい泥棒」「素人鰻(しろうとうなぎ)」などを得意とし,独特の話芸上方落語を代表する噺(はなし)家として人気があった。昭和9年10月6日死去。57歳。大阪出身。本名は皮田(のち岩井)藤吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android