コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂春団治(初代) かつら はるだんじ

1件 の用語解説(桂春団治(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂春団治(初代) かつら-はるだんじ

1878-1934 明治-昭和時代前期の落語家。
明治11年8月4日生まれ。2代桂文団治の弟子となり,明治36年2代桂春団治を襲名。初代が早世したため2代目が演芸界では初代とされる。「へっつい泥棒」「素人鰻(しろうとうなぎ)」などを得意とし,独特の話芸で上方落語を代表する噺(はなし)家として人気があった。昭和9年10月6日死去。57歳。大阪出身。本名は皮田(のち岩井)藤吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂春団治(初代)の関連キーワード東京(都)金子堅太郎桂春団治函館(市)テンプル日本製鉄エアトンメンデンホールローレンツキント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone