コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃沢匡衡

美術人名辞典の解説

桃沢匡衡

徳川中期の歌人。通称茂兵衛、号は夢宅・啓山・振思亭等。信濃国伊那郡梅戸郷の名主。澄月法師に歌道を学び、垂雲軒を継ぐ。香川景樹と交流があった。著書に『神楽催馬楽集釈義』がある。文化7年(1810)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

桃沢匡衡の関連キーワード飯田斧木斧木

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android