コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹勘十郎(3代) きりたけ かんじゅうろう

1件 の用語解説(桐竹勘十郎(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹勘十郎(3代) きりたけ-かんじゅうろう

1953- 昭和後期-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
昭和28年3月1日生まれ。2代桐竹勘十郎の長男。昭和42年吉田簑助(みのすけ)に入門し,翌年大阪毎日ホール初舞台芸術選奨新人賞,国立劇場文楽奨励賞などを受賞。新作文楽も創作するなど幅ひろく活躍。平成15年3代桐竹勘十郎を襲名。20年「絵本太功記」「夏祭浪花鑑」で芸術選奨文部科学大臣賞。22年「文楽人形遣いとして高度な技をもった活躍及び文楽界における貢献」で芸術院賞。大阪出身。前名は吉田蓑太郎。本名は宮永豊実。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桐竹勘十郎(3代)の関連キーワード吉田玉男吉田文雀浄瑠璃狂言淡路源之丞内海繁太郎堤春恵鶴沢友路林駒夫吉田簑助(3代)四谷シモン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone