コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山宗栄

美術人名辞典の解説

桑山宗栄

安土・桃山時代の武将。尾張生。名は重晴、号は果報院。豊臣秀吉・秀長に歴仕し、但馬国竹田・和泉国谷川ついで紀伊国和歌山を領した。秀吉の御伽衆の一人。関ヶ原の戦では徳川氏に属した。また茶は千利休門下で、山上宗二より『茶器名物集』を与えられた。千道庵を知遇した。慶長11年(1606)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

桑山宗栄の関連キーワード安土

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android