桑木 厳翼(読み)クワキ ゲンヨク

20世紀日本人名事典の解説

桑木 厳翼
クワキ ゲンヨク

明治〜昭和期の哲学者 東京帝大教授;京都帝大教授;貴院議員。



生年
明治7年6月25日(1874年)

没年
昭和21(1946)年12月15日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科〔明治29年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔明治35年〕

経歴
明治32年一高教授、東大助教授を経て39年京大哲学科教授。ドイツ留学後、大正3年東大教授、昭和10年定年退官、学士院会員。21年貴族院議員。この間、明治33年「哲学概論」37年「デカルト」大正6年「カントと現代の哲学」などを出版。8年吉野作造らの黎明会に入りデモクラシー運動に参加。西洋哲学史、新カント学派の哲学を日本に移植し、西田幾多郎らの形而上学的、主観主義的な京都学派の学風に対して合理主義的リベラリズムの立場をとり、文化主義を唱えて大正時代の思潮形成に影響を与えた。他に「哲学及哲学史研究」「倫理学の根本問題」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

桑木 厳翼 (くわき げんよく)

生年月日:1874年6月25日
明治時代-昭和時代の哲学者。文学博士;東京帝国大学教授
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android