桑田 熊蔵(読み)クワタ クマゾウ

20世紀日本人名事典の解説

桑田 熊蔵
クワタ クマゾウ

明治〜昭和期の経済学者,社会政策学者 元・中央大学教授。



生年
明治1年11月17日(1868年)

没年
昭和7(1932)年12月10日

出生地
鳥取県

学歴〔年〕
帝国大学法科大学(現・東大法学部)〔明治26年〕卒

経歴
東大卒業後、社会問題研究のためヨーロッパに留学し、帰国後東大講師となり、明治41年中央大学教授となる。日本最初の社会政策学の研究者で、明治29年社会政策学会を創立。また早くから工場法作成の調査をし、日露戦争後は地方改良運動にも関係する。明治45年友愛会が創立されると顧問となり、労使協調組合としての友愛会の育成に務めた。著書に「工場法と労働保険」「欧州労働問題の大勢」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

桑田 熊蔵 (くわた くまぞう)

生年月日:1868年11月17日
明治時代-昭和時代の社会政策学者。中京大学教授;貴族院議員
1932年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android