コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜の標本木

1件 の用語解説(桜の標本木の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

桜の標本木

各地の気象台の敷地などにある開花の基準となる木。5~6輪咲いた状態が開花、8割以上開いた場合が満開。開花予想は、民間が精度の高い予想をするようになり、2009年春を最後に発表をやめた。民間の一部は気象庁の標本木データを中心に予想している。

(2011-03-25 朝日新聞 夕刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜の標本木の関連キーワード管区気象台気象庁高層気象台計測震度気象台地方気象台中央気象台桜の開花予想石丸雄吉大谷東平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜の標本木の関連情報