桜の標本木

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

桜の標本木

各地の気象台敷地などにある開花の基準となる木。5~6輪咲いた状態が開花、8割以上開いた場合が満開。開花予想は、民間精度の高い予想をするようになり、2009年春を最後に発表をやめた。民間の一部は気象庁の標本木データを中心に予想している。

(2011-03-25 朝日新聞 夕刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜の標本木の関連情報