コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜の開花予想

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

桜の開花予想

明治時代の末に各地気象台で始まったが、正式な発表となったのは51年の関東地方から。55年には全国に広がった。桜のつぼみを量ったり、職員の経験に頼ったりしてきたが、96年からはコンピューターの予測式にその年の気温や予想気温などを入れ、本庁が予想している。桜の開花は花が5〜6輪開いた状態。標高が100メートル高くなるごとに2〜3日遅くなる。満開までは約1週間。

(2006-03-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

桜の開花予想の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜の開花予想の関連情報