桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿(読み)さくらきるばかうめきらぬばか

大辞林 第三版の解説

さくらきるばかうめきらぬばか【桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿】

桜と梅の剪定せんてい法に違いのあることを教える言葉。桜は幹や枝を切るとその部分が腐りやすいが、梅は余計な枝を切らないと翌年花が咲かなくなる、という違いからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android