コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜山庄左衛門(初代) さくらやま しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜山庄左衛門(初代) さくらやま-しょうざえもん

1665-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛文5年生まれ。初代桜山四郎三郎の兄。桜山系の祖。はじめ若衆方として大坂の舞台にたつ。元禄(げんろく)9年京都万太夫座で桜山林之助から桜山庄七とあらため立役(たちやく)に転じ,翌年桜山庄左衛門を名のる。江戸の舞台でも活躍した。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俳名は鶯山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜山庄左衛門(初代)の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史タロンニュートン解析学山鹿素行東京大空襲大阪城アン浮世物語

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone