桜島(鹿児島県、旧町名)(読み)さくらじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜島(鹿児島県、旧町名)
さくらじま

鹿児島県中央部、鹿児島郡にあった旧町名(桜島町(ちょう))。現在は鹿児島市の東部にあたる一地区。1973年(昭和48)西桜島村が町制施行し改称。2004年(平成16)鹿児島市に編入。旧町域は、鹿児島湾(錦江湾(きんこうわん))奥部に位置する桜島(陸繋(りくけい)火山島)の北西半部を占め、西桜島水道を隔てて鹿児島市街に臨む。桜島は姶良(あいら)カルデラの中央火口丘で裾野(すその)に集落が展開。鹿児島港との間にフェリーボートが頻繁に往復し、桜島港からは国道224号が大隅(おおすみ)半島へ続く。1914年(大正3)の大噴火で人口は半減。火山の緩斜面を利用して暖地性のミカンビワサクラジマダイコンなどが栽培されるが、降灰や火山ガスのため不振。霧島錦江湾国立公園に含まれ観光客が絶えない。湯ノ平展望台、桜島溶岩なぎさ遊歩道、火山観測所、桜島自然恐竜公園、桜島ビジターセンターなどがある。

[田島康弘]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android