桜島の大正噴火

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

桜島の大正噴火

1914年1月12日午前10時ごろに始まり、噴煙は上空10キロ以上に達した。約8時間後にはマグニチュード7.1の地震が鹿児島市などを襲った。桜島西側では大火砕流が発生。東側では大量の溶岩が流出し、大隅半島陸続きになり、周辺の地盤は数十センチ沈下した。死者行方不明者は58人。この規模の大噴火は1779年以来135年ぶりだった。

(2013-02-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜島の大正噴火の関連情報