コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間青厓 さくらま せいがい

1件 の用語解説(桜間青厓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桜間青厓

江戸後期の画家。名は咸、字は善訥、別号に迂亭。三河岡崎城主本多氏に仕える。画を片桐桐隠に学ぶ。「山水は我青厓に及ばず」といわしめた渡辺崋山とは莫逆の友といわれる。性淡泊にして奇行に富んだが、人はその無我を愛したという。嘉永4年(1851) 歿、66才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone