コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間青厓 さくらま せいがい

1件 の用語解説(桜間青厓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桜間青厓

江戸後期の画家。名は咸、字は善訥、別号に迂亭。三河岡崎城主本多氏に仕える。画を片桐桐隠に学ぶ。「山水は我青厓に及ばず」といわしめた渡辺崋山とは莫逆の友といわれる。性淡泊にして奇行に富んだが、人はその無我を愛したという。嘉永4年(1851) 歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜間青厓の関連キーワード菅原洞斎秀雪亭鳥羽石隠岡田鶴川吉岡素樵松村公劉山野守嗣一木蘆洲斎藤抱山岸田青城

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone