コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅ケ谷藤太郎(2代) うめがたに とうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅ケ谷藤太郎(2代) うめがたに-とうたろう

1878-1927 明治-大正時代の力士。
明治11年3月11日生まれ。先代の養子となり入門。明治31年入幕。36年常陸山(ひたちやま)とともに横綱(20代)となり,梅-常陸時代をきずく。身長168cm,体重158kgのアンコ型。幕内成績168勝27敗,優勝4回。昭和2年9月2日死去。50歳。富山県出身。旧姓は押田。本名は小江音松。年寄名は雷(いかずち)権太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

梅ケ谷藤太郎(2代)

没年:昭和2.9.2(1927)
生年:明治11.3.11(1878)
明治大正期の力士。20代横綱。石川県新川郡(富山市)水橋村生まれ。本名押田(のち小江)音次郎。明治36(1903)年5月,東西の大関で全勝同士で常陸山谷右衛門と対戦,敗れたものの場所後常陸山と同時に横綱に昇進した。その後も両雄の対決は満都の人気を博し,梅・常陸時代といわれる大相撲黄金期を現出した。12歳で上京して雷の門に入り梅ノ谷を名乗る。怪童として早くから注目され,31年入幕,33年大関,35年師匠で養父の初代梅ケ谷の四股名を襲い,翌年には史上最年少(当時)の満25歳で横綱。大正4(1915)年6月場所後に引退,年寄雷を継ぎ取締にあげられた。168cm,160kg。まれに見る相撲巧者で取り口は堅実細心,腹やぐらに乗せての吊りを得意とした。土俵入りも華麗で天下一品と称えられた。<参考文献>彦山光三『横綱伝』

(水野尚文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

梅ケ谷藤太郎(2代)の関連キーワード剣山谷右衛門(2代)2月9日雷権太夫大正時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android