コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅ケ谷藤太郎(2代) うめがたに とうたろう

2件 の用語解説(梅ケ谷藤太郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅ケ谷藤太郎(2代) うめがたに-とうたろう

1878-1927 明治-大正時代の力士。
明治11年3月11日生まれ。先代の養子となり入門。明治31年入幕。36年常陸山(ひたちやま)とともに横綱(20代)となり,梅-常陸時代をきずく。身長168cm,体重158kgのアンコ型。幕内成績168勝27敗,優勝4回。昭和2年9月2日死去。50歳。富山県出身。旧姓は押田。本名は小江音松。年寄名は雷(いかずち)権太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梅ケ谷藤太郎(2代)

没年:昭和2.9.2(1927)
生年:明治11.3.11(1878)
明治大正期の力士。20代横綱。石川県新川郡(富山市)水橋村生まれ。本名押田(のち小江)音次郎。明治36(1903)年5月,東西の大関で全勝同士で常陸山谷右衛門と対戦,敗れたものの場所後常陸山と同時に横綱に昇進した。その後も両雄の対決は満都の人気を博し,梅・常陸時代といわれる大相撲黄金期を現出した。12歳で上京して雷の門に入り梅ノ谷を名乗る。怪童として早くから注目され,31年入幕,33年大関,35年師匠で養父の初代梅ケ谷の四股名を襲い,翌年には史上最年少(当時)の満25歳で横綱。大正4(1915)年6月場所後に引退,年寄雷を継ぎ取締にあげられた。168cm,160kg。まれに見る相撲巧者で取り口は堅実細心,腹やぐらに乗せての吊りを得意とした。土俵入りも華麗で天下一品と称えられた。<参考文献>彦山光三『横綱伝』

(水野尚文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅ケ谷藤太郎(2代)の関連キーワード若乃花幹士朝潮太郎朝青龍明徳東富士欽壱綾川五郎次梅ヶ谷藤太郎玉錦三右衛門西ノ海嘉治郎若島権四郎綾川五郎次(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone