コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅ヶ島[温泉] うめがしま

百科事典マイペディアの解説

梅ヶ島[温泉]【うめがしま】

静岡県静岡市,安倍川最上流の安倍峠南西麓にわく。単純硫黄泉,39℃。湯治場から発展し,避暑地,釣場として知られる。静岡市街からバスが通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うめがしま【梅ヶ島[温泉]】

静岡県北部,静岡市梅ヶ島にある温泉。単純硫黄泉,41℃。安倍川の上流,八紘(はつこう)嶺の南麓に位置し,静岡からバスで約2時間山道を奥に入る不便な地である。戦国期には甲斐武田氏の隠し湯と伝えられ,江戸時代は付近の梅ヶ島(安倍)金山が栄えていたため,黄金(こがね)湯とも呼ばれた。南アルプスが近くに見え,北東方の安倍峠を越えると山梨県身延へ通じる。安倍川の渓谷には,落差約90mの安倍大滝,三段滝がかかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

梅ヶ島[温泉]の関連キーワード静岡県静岡市

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android