コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅園静廬 うめぞの せいろ

1件 の用語解説(梅園静廬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梅園静廬

江戸後期の国学者・狂歌師・随筆作者。江戸生。割烹金春屋鈴木氏の子、のち屋根葺棟梁北氏を嗣ぐ。始め鈴木氏、名は慎言、幼名は定次郎、字は有和、通称は庄助・三左衛門、別号を梅園・四当書屋・尚友亭・網破損針金。家業の傍ら元木網の社中として狂歌を作り、また和漢の書を読破してその博識を謳われた。嘉永元年(1848)歿、84才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone