コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅小路定福 うめがこうじ さだとみ

1件 の用語解説(梅小路定福の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梅小路定福

江戸後期の公卿。権大納言清閑寺秀定の次男、勘解由次官梅小路共経の養嗣子。本姓藤原、初め清閑寺氏。権大納言正二位。儒学を重んじ、余暇に経典を学び、道徳を論じたという。文化10年(1813)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅小路定福の関連キーワード葉室頼熙石山基名園基理梅小路定矩清閑寺共綱清閑寺治房清閑寺熙房正親町実連櫛笥隆望池尻共孝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone