コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村真守 うめむら まもり

美術人名辞典の解説

梅村真守

江戸後期の勤王家。肥前生。島原藩士坂本甚助の従子、実は梅村某の子、小林氏を嗣ぐ。幼名徳太郎、初名千引、知毘伎。称一郎・与一郎・真一郎。姓平民。平田銕胤・丸山作楽門。足利木像梟首事件、高台寺焼討に関し、又後に水戸の義挙に加わるが、軍敗れて潮来に於て元治元年(1864)歿、25才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android