コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅毒・黴毒 ばいどく

大辞林 第三版の解説

ばいどく【梅毒・黴毒】

トレポネマ-パリズムの感染によって起こる慢性の感染症。性交による感染のほか、胎児が母体から感染するものがある。局所にしこり(硬結)ができる第一期、皮膚に紅斑を生じる第二期、皮膚・臓器などにゴム腫を生じる第三期、神経系が侵される第四期に大別する。シフィリス。六百六号。瘡毒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone