コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅溪通善 うめたに みちたる

1件 の用語解説(梅溪通善の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梅溪通善

幕末・明治の公卿。参議六条有言の次男、侍従梅渓通修の養子。右近衛権中将、宇佐勅使を経て参議、従三位となり、神祇少副などを歴任。安政勤王八十八廷臣の一。明治32年(1899)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅溪通善の関連キーワード六条有言六条有藤高倉永範六条有純六条有義六条有親六条有容六条有起六条有栄六条有定

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone