コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅田日記

1件 の用語解説(梅田日記の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

梅田日記

江戸時代末期の金沢に暮らした町人、能登屋甚三郎(梅田甚三久)の日記。1864(元治元)年6月から1867(慶応3)年正月まで、当時の衣食住や行事、私生活、政治情勢などが記されている。1970年に若林喜三郎・金沢大教授(当時)が活字化。幕末の庶民の暮らしを伝える貴重な史料となっている。

(2007-11-15 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅田日記の関連キーワード自地町人泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生高等遊民茜屋理右衛門五十嵐道甫(2代)勝木氏家(初代)加登屋政吉清光(2)傑外雲英能登屋三右衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone