コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅痴

美術人名辞典の解説

梅痴

江戸後期の浄土宗の僧。阿波浄智寺住職。阿波生。雲室の子。諱は秦冏、字は白純、別号に百蓮社・小蓮主人・笑誉・拈華等。京都、ついで江戸へ行き増上寺住職となる。のち下総弘経寺に住した。詩書画・儒学等に通じ、画は山水・梅を能くし、詩は江戸名家の一人に数えられ、頼山陽菊池五山・大沼枕山らと交遊した。安政6年(1859)寂、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

梅痴の関連キーワード関謙之